はしわたし

2017.10.28 Saturday 08:48
0

    前回のつづきです。

     

    美しい流れにかけられた古い橋というのが

    わたしのドラゴンヘッドのサビアンで、

    魂の目的とか今世のやるべき課題・使命というように

    捉えるならば、

     

    美しい流れは人が生きてきた時間の流れ(タイムライン)で、

    古い橋は、価値観の違う両岸をつなぐ用途でそこにある。

     

    それぞれが持つ価値観が多様化しているいま、

    手に手を携えてタイムラインを進んでゆくために、

    この「かけわたす」という行為はなくてはならないものであり、

    それは古くからそこにある橋によって果たされる。

     

    あるのが当たり前で、誰も改めて気にも留めることはないが、

    なくてはならないもの。

     

     

    ちょっと考えてみればわかることだが、

    川を渡るのには昔は渡し舟だったけれど、

    いまは橋がかかっていて、まったく苦労しない。

    むこうへ渡っていることにさえ気がつかないほど、

    地続きになっていて便利。

     

    それが古くからある橋。

    サビアン本には「用の美」とあります。

     

    私にとってそれがリトリーバル、

    つまりたまあげであり魂の送りだとすれば、

    あちらとこちらをかけわたす橋を設置して

    便利に使ってもらったらいいのかもしれない。

     

    私にはひょいっと別のところへ行くという性質があって、

    それが特技なのだと思うし、

    そういうのを使って感じとったものを

    役立てたらいいなと思います。

     

     

    この間、川岸にいる黒い影を舟に乗せていると

    「いや、ちょっと待てよ、こんな風にバンバンやっていて

    大丈夫なのかな。

    私のこっちの影が薄くなっちゃって、

    やばいのでは???」

    と、思いました。

     

    心配になってガイドに訊いてみると

    でも、それはいいんだそうです。

    ふうーん。

    そうなんだ。

     

    なんでかは、こちら岸の私にはわかりませんが

    まあ、いいことにします。

     

     

    それから、弥彦に登って御神廟に挨拶とか思っていましたが、

    それも行かなくてもいいということでした。

     

    あの頃、あんだけあちこち駆けずり回っていたのは、

    たとえ家にいながらでもアクセスできるように

    地を踏んで回路をつなげたからなので、

    これからは意識でそこへ行けばよいそうです。

     

    そう言われてみればそうですね。

    目に焼き付いている光景は、

    何度でもありありと思い浮かべられます。

    写真だって撮りましたしね。

     

    きれいですね。

     

    (御神廟から眺めた越後平野と日本海)

     

    もう一度行きたいと思う所はいくつかありますが、

    そういうのって

    限りあることなんだなーと思いました。

     

     

    この週末、家族と紅葉を見に行くことになってますが、

    行けるのかどうかわかりません。

    行く必要があるならちゃんと行けるんでしょう。

    思い出づくりよね。

     

    支度しまーす。

     

     

    category:たまあげ !  | by:comments(0) | -

    美しい流れにかけられた古い橋

    2017.10.26 Thursday 09:09
    0

      あんなにせっせとやっていたことだったのに、、、

      と言われたり、思われていることがあって、

      でも、なぜだか急にパッタリとやめてしまうことが多い。

       

      マイブームだったのかも知れないし、

      そういう言い方では表せないものなんだけど、

      とにかく、それはパッタリとしてしまった。

       

      リトリーバルもそうでした。

       

      たまあげって、たましいのかけらの回収で、

      リトリーバルもその一環なんだけれど、

      なぜだか気持ちがそちらへ向かなかった。

       

      お休みしていたつもりもなかったんですが、

      気がつけば、もうずいぶんとお休みしていました。

       

      そして、

      先日、自分のドラゴンヘッドのこととかを考えいていて、

      イメージをして川に笹舟を流していたとき、

      「これを常時、しているように。」という感覚がした。

       

      そうすれば、

      私のところに集まってきている人たちが(たましいが)、

      笹舟に乗って、

      大きな満月に向かってそちらへたどり着けるのだという気がした。

       

      私のドラゴンヘッドのサビアンは、

      射手座の28度「美しい流れにかけられた古い橋」というもので、

      私の中では、

      月明かりに照らされた川が目の前に広がって下り、

      行く先には綺麗な満月がかかっている景色として見えます。

       

      その川の行く先が、アチラの世界だということみたい。

       

      川岸の舟着き場に、列をなしてならんでいるたましいが

      黒い影になって見える。

       

      これは私だということもできるし、

      私ではないけれど、でも私のカケラです。

      まちがいなく、私の縁者。

       

      順々に乗せていけば、いつかは送り届けられるのだとわかる。

      それを、常時、しなさいと。。。

       

      そう言われて初めて、

      ずっとずっとリトリーバルをしていなかったことを思い出したのでした。

       

      そうか、

      いままた、これをする時が来たんだな。

       

      この間から、

      弥彦御神廟に行きたくなったのは、そういうこととも

      関係しているんでしょう。

       

      スカイラインが封鎖される前に行きたいと思って、

      今日、息子を誘ったけれど「いやぁ、、、」と言われてしまった。

      なるほど、

      私一人で行けるということか。

       

      いつも、たまあげに付きあわせていたね。

      こないだの弥彦登山も、私が無理やり風に連れていったからなー。

       

      もう、彼はいいんだな。

       

      了解!

      それぞれがやりたいことをやりましょう。

       

      弥彦の御神木。

       

       

      ちなみにドラゴンヘッドとは、占星術の用語で

      「今世の課題・使命」というような意味合いを指す。

       

       

       

      category:かけらの回収 | by:comments(0) | -

      我が家のわらべうた

      2017.10.22 Sunday 21:05
      0

        最近、はまって聴いている歌があります。

         

        youtubeにもアップされているのでご紹介しましょう。

         

        美しいなーーっと思って聴いています。

         

        上越に来られた時のライブでは生演奏を聴き、

        とっても感動したことをおぼえています。

        その時の記事はこちらです。

         

         

        わらべうたといえば、思い出があります。

        子どもが生まれた時に、それぞれにひとつ、、

        子守唄をつくってやりました。

         

        ひとりにひとつ。

         

        ほんの数秒で唄い終わる簡素なものですが、

        子どもらが寝付くまで、ずっと唄っていたことを

        昨日のことのように思い出します。

         

         

        あと、「七つの子」もよく唄いました。

        こちらは

        「♪ 山の古巣へ行ってみてごらん・・・」というところを

        「♪ 山の古巣へ来てみてごらん・・・」に変えてました。

         

        うちが山の古巣で、

        おまえがかわいい目をしたいい子だよー、という思いが

        こもってます。

         

        だから、きっとうちの子たちはそのまんま

        こういう歌詞だと思っているんだろうな。

         

         

        いつ気がつくのかな、

        うふふ、しめしめ。

         

         

         

        category:天使 | by:comments(0) | -

        同じ人とばかり

        2017.10.21 Saturday 13:57
        0

          タイミングが合うということが一体どのくらいあることなのか、

          わからないのですが、

          ここ最近、

          とくに断捨離をおこなうようになってからというもの、

          かなりの回数、ありました。

           

          逢う人とは何度でも逢う、といったことが顕著です。

           

          同じ人となんですが、

          3度、かな、4度かな、立て続けにバッタリ会いました。

           

          この人とは不思議なご縁でつながっているのだろうと

          思います。

          逢ってもびっくりしないです、

          あ、会うと思っていたよというくらいの驚かなさで。

           

          私の話を聴いてもらっていることもあって、

          きっとどうしているかなとか、心配掛けているんだと思います。

          で、

          逢う。。。。  笑

           

          ありがたいですねー。

           

          この人と私と星を見てみたら、

          月が近い所にあるみたいなのと、

          私のディセンダントにその人が太陽を乗せているので、

          なんとはなしに懐かしく感じるし、気も合うんだとわかりました。

           

          ディセンダントに星が乗っている人とは

          とても懐かしいような、今世だけとは思えないものを感じます。

           

          私の家族は全員、そこに乗せています、、笑。

           

          逢う人とは逢うことになっていて、

          それぞれがなんらかの作用をしあっているんだなと、

          そういう気がします。

           

          category:あれこれ話 | by:comments(0) | -

          睡眠のご相談

          2017.10.17 Tuesday 17:17
          0

            スタッフに協力してもらってのモニターセッションです。

             

            タロットを引いていただき、リーディングをしています。

             

            本日のアップはこちらのリーディングです。

             

            クライアントさんのお悩みは、

            「時々、仕事でミスをします。

            睡眠時間が短いせいで、集中が途切れてしまうからだと思いますが、

            なかなか睡眠について、思うように改善ができないでいます。

            どうしたらいいでしょうか。」でした。

             

             

            訊くと、毎朝6時に起床していますが、

            4時に寝付いてもちゃんと6時には起きられるのだそう。

            うらやましい気もしますが、

            ずっとそれが続くと、身体にいいわけはありませんね。

             

            ご本人も、これではいけないと思っているそうですが、

            どうしたものかと困っているとのことでした。

             

            さてさて、

            こういったお悩みにもタロットはとても活躍できます。

             

            自分の意識しない所での理由が必ずといっていいほど、

            あるからです。

            それを探っていけば、

            徐々に核心となっている原因や理由、

            想いなどがあらわになってくるのです。

             

            いくつかカードを引いていただき、

            そちらの方も理解を進めていきました。

             

            そして、不眠についてどうしたらいいでしょうか、

            と再度、問いかけてカードを2枚、引いていただきました。

             

            すると、これが。

             

            「楽しいことをもっとやってください。自分に喜びを。

            それから、お母さんに甘えたいという気持ちがあることに

            気がついてください。」

             

            クライアントさんの

            幼少期や今の状況などと合わせて考えると、

            このように読むのが合っていたみたいです。

             

            ピンと来ないリーディングならば、

            それは違うのでしょう。

             

            ピンと来るのなら、それは合っていると捉えてよいでしょう。

             

            特に、なぜかはわからないけれども泣いてしまうとか、

            それはサインです。

             

            分かってもらったという深い部分での嬉しさが、

            理解の涙となって解けて流れ出る気がします。

             

            クライアントさんがひとしきり、泣いていて、

            私もその状況や思いがわかりましたので、

            その方を私の子であるかのように接するとしたら、

            どうするのがいいのだろうと考えてみました。

             

            ちょっとだけ、ほんの一瞬だけためらったのですが、

            思い切ってその方のそばによって、

            抱きしめました。

             

            お母さんにしてもらえたら一番なのでしょうが、

            お母さんにしてもらえるまでのつなぎとして、

            私からも、させてもらいました。

             

            私もとても癒されました。

            自分が言って欲しかった言葉を相手に掛けることで、

            二人ともが癒されていくようでした。

            「生まれてきてくれてありがとう。」

             

            そんな言葉がきっと必要なのだろうと思います。

            勇気を出して、これからお父さんお母さんに

            もっと甘えて、小さかったころの想いを取りもどして

            行けたら、

            きっと安らぎに満ちた睡眠がとれるようになるのでは

            ないかなと思います。

             

            そのためにできることがありますので、

            それをお伝えさせていただきました。

            できるかな? がんばってね。

             

             

            眠るときはとても無防備です。

            こころも身体も安心して休んでいいよと言う状態になれば、

            正常な眠りが訪れるのではないでしょうか、と

            そういったリーディングになりました。

             

            今後、何らかの改善がみられることを願っています。

             

            ちいさなあなたへ おだやかな暮らしがつづきますように。

             

            ありがとうございました。

             

             

             

            category:まじょ子 | by:comments(0) | -

            わかんない星人の息子ちゃん

            2017.10.16 Monday 09:38
            0

              先日、スタッフに言われて、気がつかせていただいたこと。

               

              「息子さんにはタロット、しないんですか?」

               

              そーーうか。。

              そういえば、したことがなかったよ。

               

              私がタロットだの、東京へ勉強だのといっていたころは、

              息子はちょうど思春期のはじまりで、小学校高学年だった。

               

              わたしがおまいりに行ったりするのにはつきあってくれたけど、

              タロットやってみない?

              と持ちかけるような感じではなかった。

               

              言ったことはあったように憶えているが、

              いやだよーとお断りされていたように思います。

               

              あれから、数年。

              息子とは以前から比べたら、

              とても良好な関係になってきていると思う。

               

              息子はいま、中2病で(って書いたら嫌がられるだろうな)、

              中学校をお休みしている。

               

              世に言う、不登校ですね。

               

              理由や原因や背景はそれこそたーくさんあって、

              なにがどうというのは一言では言い表せない。

               

              こんなことにも星を引き合いに出して言わせていただくなら、

              今はそういう星のめぐり、かな。

               

              いろいろと、本人も周りも葛藤がありましたが、

              いまのところ、お家にいるということで暮らしは安定しているので、

              この現状を受け入れつつ、体勢を守っているところだ。

               

              で、息子との関係はいたっていい。

               

              私が嫌なことを言ったりしたり、しなくなったからも大きい。

               

              そういうのって、どうなのと思われる向きもあるかもしれませんが

              それはまた、別の話と言うことでご容赦ください。

               

              で、で、

              ここ最近、とっても状態もいいし、私とも家族とも仲良しな息子に

              「ねねー、お姉さんがタロットやったらいいって、言ってくれたんだけど、

              やる?」と訊いたところ、

              やろうかな、ということになった。

               

              おーいえー。

              こんな展開考えてもみなかったよ、すごいね。

              そうなったらいいなって思っていたけど、

              時が経って、さくっと叶うってこと、あるんだね。

               

              気が変わらないうちにいそいそ、さっさと用意しました。

               

              何か聞きたいことはあるんかねと訊ねてみますが、

              いつものように、「わかんない。」です。

               

              でた、わかんない、。

               

              でも、息子の肩を持ちますと、ほんとうにわかんないんです。

              わたしやら、周りやらの想いを汲み取りすぎて

              自分の意に反する行動をたくさんしてきたがために、

              自分ってどうなの、どうしたいの、などそういうことが

              わかんなくなっちゃっている状態なんですよ。

               

              ごめんね、はやく自分を取りもどしてね。

               

              と謝りつつ、どうしようもないと思っていたところへ、

              今日タロットで彼の心を知ることができ、

              うれしいです。

              ようやっと、ここまできたか、という感慨があります。

               

              で、

              何を訊いたらいいかわかんない息子にレクチャーしました。

               

              心というモノは何層にもなっていること、

              いま自分と思っている自分は、表面の一部でしかないこと、

              深層の自分というモノは、タロットを通して知ることができること、

              などをかいつまんで教えました。

               

              そして、今日ははじめましてなので、

              「深い所のボクから、ボクに伝えたいことってなに?」という感じで

              軽くたずねてみるのもいいねー、なんて話しておりました。

               

              考えてみれば、

              うちの息子のように、自分がよく分からない人には

              打ってつけのツールじゃないでしょうか。

              なんてすばらしいんだ、タロット・・・。

               

              そして、実際に訊いた問いはこちらです。

              「ボクってどういう人ですか?」

               

               

              出たカードがこちら。

               

              なるほどねーーー。

              彼は太陽が1ハウスにあり、金星も水星も1ハウス。

              1ハウスのカスプは牡牛座だし、

              今世は自分というものがナンなのかを知りたくて、

              体験したくてこの世に生まれてきたのだと思っていて、

              それって、

              このフールというカード一枚に完璧に表現されているなあと。

               

              言わんとしていることが、パシ、と伝わってきました。

               

              「そうか、きみは生まれたての赤ちゃんのように

              この地球を体験しに来た宇宙のたましいなんだね。

              ようこそここへ。

              で、地球の住み心地はいかが?」

               

              とたずねてみると、

              「苦しゅうない、ニコ」ですって。。。

               

              あはは、と二人笑ったその後に、

              母は顔を覆って泣いてしまいました。

              わーんわんと大声で泣いてしまった。

               

              ありがとう、

              どこまでもキミはママの癒し手なんだね。

               

              ありがとう、

              ママはあなたがこっちに来て、

              そばにいてくれて本当に幸せです。

               

              不登校って辛いと思うけど、

              キミの置かれている状況は学びの多い険しい道かもしれないけど、

              それこそ、

              キミが選んできた生き方なんだもんね、

              ママはそれを見守って、応援しています。

               

              何もできないし、ただ見ているだけだけど、

              愛だけは贈ります。アイラブユー。

               

               

              ということで、

              またも自分が癒される出来事になっちゃった、というお話でした。

               

              清水寺のかき氷。

              京都、たのしかったね。

              ありがとう。

               

               

               

              category:天使 | by:comments(0) | -

              友達以上恋人未満

              2017.10.15 Sunday 10:19
              0

                モニター(スタッフね)のタロットリーディングをご紹介します。

                 

                相談者をクライアントと呼ばせていただきます。

                質問は、「今後のこと」。

                でしたので、仕事・プライベートの両方ということですね。

                 

                まずは、5枚引いていただきました。

                並べかた雑で、、。

                 

                仕事とプライベート、どちらも上手くいっているようです。

                恋愛も、良いかんじ。

                お付き合いしている人がいるのか伺ったところ、イエス。

                半年くらいお付き合いして、相手の方は結婚も意識している

                段階とのことでした。

                 

                で、肝心のクライアントさんの方はと言うと、

                結婚について即決と言う感じではちょっとないらしいので、

                それについてカードに出ていることをお伝えしました。

                 

                なぜためらうのかを自分の内面に聞いてみて、

                ひとつひとつ整理をしてみることと、

                相手とのコミュニケーションをしっかりととって、

                疑念やためらいを解消するようにと言いました。

                 

                その点についてお悩みを詳しく話していただいたので、

                クライアントさんと相手の方のチャートを出してみました。

                 

                そうしましたら、なるほど、

                そう言うことになっているのですね!、という感じで

                惹かれあう点や、相手になにを求めているのかなどが

                理解できました。

                結婚したらどのようになっていくのかも、お知らせできたように

                思います。

                心配していた点も、分かっていただき、

                とても安心したようでした。

                もしかして、結婚を前向きに考えられたのかも知れません。

                 

                その後、仕事のことについても引いて、解読しました。

                こちらも大丈夫、心配はクリアになりました。

                 

                そして、最後にもうひとつ質問を、という段になりました。

                 

                すると、

                「長年、つかず離れずの異性の友人がいます。

                いままでの関係のなかで、お互いが親身になって

                恋愛やその他のことをアドバイスしあってきました。

                この人とは、もしどちらともがフリーだったならば、

                きっとお付き合いしていたことと思います。

                そのくらい、お互いのことを大切に思い、理解しあってきました。

                ですが、タイミングが合わなくて付き合うことにはならなかったのです。

                わたしはこの彼に対して、

                今後、どういう接し方をしたらいいのでしょうか。

                わたしの結婚に際して、裏切ったと思われたくはないのです。」

                というご質問でした。

                 

                お話を聞いていて、

                とても真摯に相手のことを思いあってきたということがわかります。

                なにかの巡りあわせで、恋人にはなれなかったことへの想いが

                わたしにも伝わってきます。

                そして、

                新しい巡りあわせと将来のこと。。。

                 

                人生というのは、単に巡りあわせでしかないのかも知れません。

                 

                この質問に対して出たカードはこちらです。

                お伝えしたメッセージはこうです。

                 

                「いままで通りで大丈夫です、

                これまでと変わらない、温かな接し方でいてください。

                かつてあなたが彼の結婚に際して、

                自分から幕をそっと降ろしたように、

                彼もまた、あなたをならってそうするかもしれません。

                または、彼は

                彼なりの思慮でもって何らかのアクションを起こすかもしれません。

                いずれにしろ、

                あなたが今まで通りの接し方をすることで、

                彼には自由に態度を決めてもらうことができます。

                それがあなたから彼へ贈ることのできる愛というものです。」

                 

                アバンダンスは豊かさ、ということだそうです。

                愛を流れるままに、という感じが伝わってきましたので

                そのようにお伝えしました。

                 

                たった一枚なのですが、その分、とても力強いメッセージに

                感じました。

                クライアントさんも非常に感動した面持ちで聞いていました。

                 

                私はこの日もまた、

                愛とは何か、という気づきと感動をもらいました。

                 

                 まじょ子、ありがとう。

                 

                category:まじょ子 | by:comments(0) | -

                じわじわとやってます

                2017.10.15 Sunday 08:08
                0

                  タロット占いをはじめています。

                   

                  占い、というのの言い方がちょっと微妙なんですが、

                  それしか言いようがないですねえ。

                   

                  こころの奥深いところにあるご自身の想いが

                  タロットを引くことでわかります。

                   

                  この間からお店のスタッフに声をかけて受けてもらっています。

                  (うちは美容院をやっていまして、50人くらい女の人がいます。)

                   

                  しなくていいと言う方はわりといますが、

                  やって欲しいという人も結構います。

                   

                  で、迷いや悩みなんかがこれで少しスッキリすれば私も

                  嬉しいです。

                  一日にひとりみたら充分でしょう、と思っていたのに

                  一昨日は4人もになってしまった。

                  スイッチが入ると暴走するタイプなんですよねー。

                   

                  でも、やればできるもんですね。

                  多少、疲れはするけど好きなコトってねえ、

                  ずっとやっても大丈夫ですね。

                  好きなコトやれて幸せ。

                   

                  ああ楽しかった。

                   

                  相談する人は、話すだけでもだいぶ気持ちが楽になります。

                  で、そこへ

                  迷っていることを、タロットで引くと

                  スッとわかることも多いんだなと改めて知りました。

                   

                  一枚で引くのもおすすめです。

                  今回、

                  恋愛のことで迷っている方へは一枚で引いていただきましたが、

                  これ!、という回答がでてきて、

                  相談者さんもすごく納得されて、スッキリしてました。

                   

                  ブログに書くことを許可していただいているので、

                  後ほどアップしていきたいと思います。

                   

                   

                   

                   

                  category:まじょ子 | by:comments(0) | -

                  魔女の血 絵描きの血

                  2017.10.12 Thursday 09:10
                  0

                    「魔女の血、絵描きの血・・・。

                    いいね、私そういうの好きよ。」と、ウルスラは言った。

                     

                    映画「魔女の宅急便」で、

                    山のアトリエで落ち込んでいるキキにそう声をかけた。

                     

                     

                    へえ、そんなものか、と思ったものだが、

                    今は、やっぱりそういうものだと分かった気がする。

                     

                    ウルスラは「血」と言っているけれど、

                    それは「星」とも言えないだろうか。

                     

                    魔女の星、絵描きの星、パン屋さんの星、お母さんの星。。。

                     

                    スピの勉強に行っていたときに、

                    私たちが持って生まれたチャート(星図)というものは、

                    ひとつの惑星を一枚とすると、

                    それら一枚いちまいの紙を集め、その人独自の一冊の本にして、

                    この世へ携えて来たものだと知った。

                     

                    水星はこう、金星はこう、土星はこうで冥王星はこう。

                     

                    それは一枚いちまい、その人が選び取ったのだ。

                     

                    先日、久しぶりに占いをさせていただいたと書いたが、

                    タロットに加えて誕生日も見てみると、

                    その人となりというものが、

                    星をいかに如実に映し出しているのかと、しみじみした。

                     

                    そして、ふと、

                    私はどうなんだろう、と改めて自分のチャートを眺めてみる。

                     

                    すると、

                    ふふふ、

                    ついついどこも変わったとこなんてないふりをして暮らしていたが、

                    わたしって、なんて水瓶なんだー! と思った。

                     

                    わすれていたけど。

                     

                    笑えるほど水瓶ばかり。セレスだって水瓶。

                    これではどうしたって、当たり前とされる常識的な選択なんて

                    できませぬ。

                     

                    その上、水瓶座の太陽は海王星と冥王星につかまれている。

                    私単体の想いなど、風の前の塵におなじということね。

                     

                     

                    ね、

                    自分の本を開いて。

                    そこに道しるべがあるから。

                     

                    私はこれでいいよ。

                    気に入っているよ。

                     

                    アイラブユー。

                     

                     

                    category:光のお仕事 | by:comments(0) | -

                    かみのけ、切りました ヘアドネーション

                    2017.10.11 Wednesday 11:46
                    0

                      長い髪の毛をしたくて、

                      お母さんに伸ばしたいよと言ったけれど、

                      ダメだということで小学校のうちは短くショートカットだった。

                       

                      中学校では、肩までくらいしか認められなかった。校則で。

                      たしか、思い出してみると、、

                      肩より長い髪は、結ぶということになっていた気がする。

                       

                      高校になってからは、わりと自由な校則、と言う風に勝手に自己解釈して、

                      染めたり(ヘアマニキュアとか、流行っていたバブルでした。)

                      していました。

                       

                      大学生の頃は、短かったり長かったり、

                      卒業の頃にはとてもだいぶ伸ばしていた記憶がある。

                       

                      で、就職したころもロングだったなあ。

                       

                      長い髪が好きなのでした。

                       

                      結婚してからは、美容院に嫁いだということもあって、

                      みなさんに構ってもらうことが増え、

                      バッサリショートにしたり、色も派手な色にしたりしていた。

                       

                      子どもを授かり、産んだ時の写真は産院では不似合な

                      金髪ベリーショートだった。パンクだぜ。

                       

                      だけど、私は背伸びをしていたんだった。

                      美容院のものとしてなんとか無いものを形で補おうとしていたのだろうと思う。

                       

                      本当は、ロングがすきなのに、ね。

                       

                      で、子育てママにになってからはすっかりと落ち着いた保守的なヘアスタイルを

                      してました。

                      子育て専業ママの世界は、コンサバですからね。

                      私もそういうのが好みでしたし、頑張って巻いたりね。

                      ロングも慣れると、却ってラクで、好みのスタイルができてました。

                       

                      が、

                      周りの人が今夏、短く切ったのがとてもうらやましくなって、

                      (夏は暑いから、毎度、切りたい欲望とたたかってましたねえ。)

                      でも、

                      なんとか思いとどまっていた。

                       

                      んですが、この度、切ってみましたー。

                      顔出しもどうかと思いますが、まあいいでしょう、

                      暑苦しい顔ですが。

                      ごめんなさーい。

                       

                      こんな感じにしてみたら、とてもご好評ですよ。

                      うちは美容院ですのでちょっと宣伝すると、

                      うちの腕利きスタイリスト店長のカットはとても良いです。

                      職人です。

                      わたしはずっと同じ人にやっていただいてます。

                       

                      このスタイルは

                      先ず切ってから、あとはお任せでやっていただきました。

                      年相応の落ち着いた感じもあるので、馴染んでいますね。

                      マダームな感じでしょう??

                      カラーリングもしてますよ。

                       

                      ということで、

                       

                      切って良かったことは、

                      時短!  

                       

                      長い時でもそんなに負担とは思ってはいませんでしたが、

                      でもでも

                      こんだけ切ると、全然違いました。。。

                      なんだったんだ、あのドライヤーの時間は、と言う気がしました。

                       

                      ラクラクになりましたよー。よかった。

                      ですがこれは、カットが上手かどうかでまた違うもんなんです。

                       

                      ぜひ、

                      腕の良い美容師さんを探してくださいね。

                       

                      今回、かなり切る事になったので、

                      どうせ切るからにはと思いまして、

                      ヘア・ドネーションにご協力しようと思い立ちまして、

                      輪ゴムでしばってから切りました。

                       

                      その様子、詳しくは今度、アップしたいと思います。

                       

                      ヘア・ドネーションというのは、

                      髪の毛の寄付です。

                      でも、まだ、送ってないんですけどねー。(そろそろ送んないとなあ。)

                       

                      まだ、

                      多くの人には広まっていないようですが、

                      捨てるならこういうお役立ちの仕方もあるんでね、

                      お知らせでした。

                       

                       

                      category:あれこれ話 | by:comments(0) | -

                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • ユートピア☆® へ 
                      • ユートピア☆® へ 
                        T
                      • そっち方向ストリ〜〜ム☆
                      • そっち方向ストリ〜〜ム☆
                      • そっち方向ストリ〜〜ム☆
                        みくろん
                      • そっち方向ストリ〜〜ム☆
                        T
                      • そっち方向ストリ〜〜ム☆
                      • 信念の霧消
                        T
                      • 年末感謝のお礼詣り 浅草寺 
                        S
                      • デルフィでかくれんぼ
                        T
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM